読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帯状疱疹の具体的な症状

帯状疱疹は、皇太子妃雅子さまも経験した
辛い病気です。雅子さまは、皇室に嫁いだことに対するストレスなどが原因でヘルペスを発症したといわれています。帯状疱疹は、一般的にヘルペスであると解釈されています。

「リシン」がヘルペスに有効だと証明

単純疱疹と異なるのは、同じヘルペスウイルスから観戦したものでも、発赤のほかに、小水疱ができるなどの特徴があります。右または左側のどちらかに水疱が発生し、全身に広がるというケースが少ないのが特徴です。自覚症状は、最初の数日間は皮膚や口の周りがピリピリしたような症状があります。その後水疱の症状が現れというケースがほとんどです。高齢なほど治癒にかかる時間は遅いと言われています。そのため、自覚症状に気づきにくいケースもあると言われています。一般的には、外傷などのケースにより発症することもありますが、雅子さまのようにちょっとしたストレスでも発症するケースもあるので注意が必要です。帯状疱疹でもっとも困る症状は痛みです。少し皮膚が触れただけでも痛みを発症しやすくなります。また、神経痛などの痛みを発症しやすくなるのもこの病気の特徴です。帯状疱疹は、全身に広がることはなくても、全身の至るところに発症します。角膜などにも発症します。