読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

叔父のヘルペス体験談

帯状疱疹は、症状が重度になればなるほど治りにくくなると言われています。重度になった場合、入院による安静または加療が必要になります。私の叔父も20年くらい前に帯状疱疹を発症しました。そのときの経験を紹介します。叔父は、ストレスなどにより免疫が弱っていました。

「リシン」がヘルペスに有効だと証明

実は、帯状疱疹を発症する直前に腎臓結石に罹患しました。帯状疱疹は、病気などにより発症するあるいはストレスが原因により発症するというのが具体的な症状です。腎臓結石の症状が落ち着いてから三週間後いきなり、皮膚の痛みを訴えました。母にその事を話すと母は、即座に病院を受診することを勧めました。母に帯状疱疹の症状を打ち明けた翌日、叔父は、近所の総合病院を受診しました。そこで帯状疱疹と診断されました。それからは、しばらく入院しました。帯状疱疹の症状が重篤になりかけていました。退院後もしばらくは叔父の自宅を訪問したくても訪問できないひびが続きました。そのため、もどかしい思いが続きました。毎日のように外用薬と内服薬を飲む日々が続きました。でも、数週間後に自宅を訪問した時には、すっかり症状が落ち着いていました。入院による治療と安静にしていたことが功を奏しました。 体調管理に気をつけることがヘルペスを予防する近道です。