読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帯状疱疹には症状が二種類ある

ヘルペスには、単純疱疹と帯状疱疹の二種類があります。いずれの症状もヘルペスウイルスにより引き起こされます。一般的には、帯状疱疹として解釈されることが多いため、注意が必要です。まず、単純疱疹は、口内炎などの症状が主に口やその周囲などに現れやすくなります。

「リシン」がヘルペスに有効だと証明

皮膚が赤く変化してからは、口の周りがむず痒くなるなどの症状が見られます。そのため、かきむしってしまい症状がひどくなるというケースも多々あります。また、陰部や角膜などがヘルペスウイルスに感染して症状が出てしまうケースもあります。風邪などの症状から海水浴やスキーなどによる紫外線のストレスから起こりやすくなるケースも多々あります。症状自体は、そのまま放置をしていても一週間前後で症状が改善されることがほとんどなのでこれといって治療が必要ということもありません。もちろん、異常を感じたら少しでも早く皮膚科を受診することが望ましいです。皮膚科では、塗り薬が処方されるため、簡単に治すことが可能です。早めに皮膚科を受診することが望ましいです。一方でよく知られているのが帯状疱疹です。これは、皇太子妃である雅子さまも経験したことがある病気です。帯状疱疹の治療は辛いです。