読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引きこもりと諦めずに前向きに捉えること

近年、現代社会でありがちなのがひきこもりです。ひきこもりとは、うちの中に閉じこもりがちになってしまう傾向にあります。その中での心理状態ならびに精神状態は普通の人から見れば計り知れない状況下にあるといっても過言ではありません。

引きこもりの人は「人と会わない仕事」や「在宅での仕事」を探していると思いますが…
引きこもりの定義は、半年以上にわたり学校や職場にいかず、自宅の中で部屋に閉じ籠る状態のことを言います。しかし、全く外に出ないということだけがひきこもりとは限りません。例えば、まれに外出するということも引きこもりに値します。引きこもりの主な原因は、職場や学校におけるいじめが大きな違いが原因を占めているといっても過言ではありません。職場や学校で上司や先生、またはクラスメイトや同僚などから悪口を言われたり、陰口を叩かれたりするなどのことなどです。これらは一種の精神疾患によるものであることも否定できません。引きこもりと関係の深い精神疾患としては、広汎性発達障害、強迫的な観念を含む不安障害などの精神障害です。また、医師からそうした診断を受けたことにより、自分は病気であると捉えずに前向きに進んでいくことが大切になってきます。何事にも否定的ではなく肯定的に進むように心がけることが大切です。