読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩んでいたら思い切り思いを周囲にぶつけよう

引きこもりは、思春期として最も多感な時期である中学生の頃に起こりやすくなります。日本でも精神保健センターへ相談したうちの約8割が精神疾患を発症しているケースが多数あります。診断された病名は、不安障害やパーソナリティー障害など多数あります。

引きこもりの人は「人と会わない仕事」や「在宅での仕事」を探していると思いますが…

いずれの障害も症状が重度な場合は、日常生活を送ること自体が困難になるというケースも珍しくありません。引きこもりの直接的な要因は、発達障害が引き金となるケースが多いですが、原因の1つには生物学的な要因も含まれています。他にも、心理的ならびに社会的側面なども引きこもりの原因となることが紹介されています。心理的ものとしては、自分の中の心の問題と解釈する必要があります。社会的な要因としては、職場や学校に関することです。例えば、いじめなどは、心理的ならびに社会的要因が大きく関わっているといっても過言ではありません。引きこもりの初期の段階は、不安や緊張の高まりが出て来て気分が抑揚されることです。しかし、初期段階において周囲の人は症状に気づきにくいということも多々あります。しかし、悩んでいたら遠慮しないで、職場の同僚や上司に悩みを打ち明けることも大切です。普段の悩みを思い切り打ち明けることにより、楽になりますよ。