読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供も食べやすいように工夫すること

青魚に含まれる成分は、集中力を高めるのにいいといわれています。子供の場合は魚が苦手であるという子もたくさんいます。青魚には、集中力を高めるためだけではなく、記憶力を高めることにも優れた効果をもっています。大人でも記憶力を使うことに関しては敏感で毎日集中力を高める必要があります。



「厚生労働省が推奨しているDHA・EPAの一日の摂取量は1,000mg」

しかし、子供も日々頭を使っているということを忘れてはなりません。新しい知識は日々入っています。集中力を高めるためには、子供のうちから集中力を養うための成分を取り入れる必要があります。日本人の頭のよさは、青魚に含まれる成分をサプリメントなどで毎日のように摂取していることが影響しているといわれています。また、勉強したことなどによる目の疲れなどにより、集中力が低下しているときも青魚はおすすめです。青魚の臭みを消したいときなどには、調理の方法に工夫があるといわれています。青魚はできるだけ焼くことはせずに、生や煮物などで食べることが望ましいと言えます。刺し身や味噌煮などがおすすめです。青魚を摂取するときには、ビタミンを一緒に摂取することもおすすめです。ビタミンには「DHA」などの成分の酸化を防ぐことが可能です。色々と調理方法を工夫することが望ましいです。