読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

血糖値を下げるには食事のまとめ食いを控えること

糖尿病は、現代の生活習慣病の中でもっとも発症率が高い病気であるといわれています。糖尿病患者の約半数は、二型糖尿病であると言われています。この種類の糖尿病の原因は、不規則な食生活などが原因であるということです。糖尿病患者の食事は食べ方と食べる量の2つに着目して見てみる必要があります。



現在「血糖値測定器本体無料キャンペーン」実施中です!


糖尿病の食事の目的はヘルシーなものや等質を控えたものを食べて過食を抑えることです。一回の食事での多量に食べるまとめ食いを控えることも目的です。受容体の働きを抑えることにより、インスリンの働きを鈍らせることを目的としています。インスリンの働きを鈍らせること血糖値が急激に上昇する傾向にある高血糖を予防することもできます。ざっくりいうとすい臓に余計な負担をかけないということです。仮に糖尿病の治療中であっても食事療法は必要になります。特に二型糖尿病の場合は、インスリンなどのコントロールは、薬では行うことができません。そのためきちんとした食事療法が必要になります。また、インスリンの働きをよくするため、糖尿病の原因を解消するために食事のみならず運動も必要になります。食事療法と運動を併用することにより、血糖値の上昇を抑えることが可能です。